今看護師勤務で保健師としてに転職活動を成功させるには?

今看護師勤務で保健師としてに転職活動を成功させるには?

最初から保健師になるという目標を立てて保健師になっている人も多いと思いますが、看護師をして働いているうちに、保健師に転職したいと思う人も多いと思います。

看護師と保健師の違いとは、両方とも看護職には変わりはありませんが、看護師はみなさんもご存知の通りに、病院などで病気やケガを治療するのを目的としていますが、保健師は病気やケガを治療するのではなく、それらを防ぐことを目的とした仕事です。

以前は保健師になるには、4年生の看護大学などで看護師と保健師の勉強をして、両方の国家試験に合格しなくても、保健師だけの国家試験に合格しても保健師として働くことはできましたが、現在は保健師になるためには看護師の資格も取得しなければいけなくなったため、保健師は必ず看護師に資格を持っていることになります。そのため保健師は全員看護師としても働くことができるわけですが、現在看護師の資格しか持っていない場合は、新たに看護大学に行くか、保健師学校で決められたカリキュラムを修了しなければいけないので、保健師の資格を持っていなくて看護師をしている人は、簡単には保健師に転職できるわけにはいきませんが、どうしても保健師になりたい場合は、決められた期間は保健師になるために勉強に打ち込むことが必要となります。

しかしもともと看護大学を卒業して保健師の資格を持っている場合は、看護師から保健師に転職する場合はそれほど難しくなく、保健師の募集のあるところに申し込むようにして下さい。ただ保健師にはいろいろな就職先があり、行政保健師として働きたい場合は公務員の採用試験に合格しなければいけないという規定もあるので、まずは自分がどこで働きたいのかをきちんと決めてから転職先を探すようにして下さい。

保健師に転職する場合は、看護師の仕事のようにたくさん募集があるわけではなく、保健師は看護師の間ではとても注目を浴びている人気の職業なので、特に条件の良い職場は非公開に求人が出ている場合が多く、条件の良い非公開求人を探すには、保健師の転職サイトを利用することをおすすめします。

保健師の転職サイトは、保健師の資格を持っている人であれば誰でも利用することができてほとんどが無料となっているので、まずはインターネットを利用して、数ある保健師の転職サイトを検索して、自分が気に入ったサイトを見つけて無料で登録して下さい。登録するとすぐにいろいろな求人を見ることができるようになり、希望の職場を見つけることができるようになります。

保健師求人サイト人気ランキング